« プログラミング言語DNCL とプログラミング・実行環境 PEN | トップページ | チャレンジ・ドリトル! »

2005年9月11日 (日)

PENとドリトルを通してJavaに感心する。

ドリトルは兼宗先生(一橋大学)が中心となって開発された、オブジェクト指向プログラミング言語だ。

一見何やら難しそうに見えるが、主なプログラム内容は日本語で記述する。その意味ではPEN(DNCL)と同じだが、小学生でもプログラムを作れるように工夫された処理系であり、その点で決定的に目的が異なる。

PENとドリトルの共通点はもう一つある。処理系そのものがJavaで作られていることだ。こうやって考えると、Javaって、やっぱりすごい言語なんだな。

|

« プログラミング言語DNCL とプログラミング・実行環境 PEN | トップページ | チャレンジ・ドリトル! »

コメント

タイトル : プログラミング言語DNCL とプログラミング・実行環境 ..
初心者向けプログラミング学習環境 PEN のアクセスがいつもより多い……

投稿: Tracked from RN::Diary | 2005年10月 9日 (日) 08:39

Commented by 三浦 at 2005-09-05 13:20
ループや条件等のブロック範囲を縦棒で記述するのですか。

Commented by ttmtko at 2005-09-05 13:54
そうです。たとえば、こんな↓問題が大学入試センターから出題されています。
http://www.dnc.ac.jp/center_exam/17exam/mondai_pdf/17jyohokiso_q.pdf
これの39ページが一つの例です。

Commented by 中西 at 2005-09-05 22:09
おお,たしかにLinux+Java1.5で動きました。

投稿: 三浦 and me | 2005年10月 9日 (日) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/6097689

この記事へのトラックバック一覧です: PENとドリトルを通してJavaに感心する。:

« プログラミング言語DNCL とプログラミング・実行環境 PEN | トップページ | チャレンジ・ドリトル! »