« 情報機器の適切な選択 in 年賀状印刷 | トップページ | ワークショップ計画中 »

2005年12月 6日 (火)

The British Library

The British Library による蔵書のスキャニングプロジェクトが進行しているというニュースを聞いた。単にスキャンするだけでなく、文字データを取り出すことで検索可能になり、さらに、著作権的に問題のないものについてはインターネットで無料公開するとのこと。番組で紹介されたURLは http://www.bl.uk である。早速見に行ってみたが、どこがそれなのか分からない。Press Release をたどると、Microsoft and the British Library work together to make 25 million pages of content available to all に行き当たった。これのことだ。……

そのあと気がついたのだが、 Firefox on FreeBSD で http://www.msn.com を開いても平気だ。しかし、http://www.msn.co.jpを開こうとすると「お使いの Web ブラウザでは、このサイトが正しく表示されないことがあります。」と怒られた。

|

« 情報機器の適切な選択 in 年賀状印刷 | トップページ | ワークショップ計画中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/7490205

この記事へのトラックバック一覧です: The British Library:

» 教科「情報」の教師はどこから来たのか? [weblogconcent徒然草冠III情報編集術 その技術と技法の将来を展望しまつ。]
教科 情報で検索すると、こういうものがけっこうヒットする。 第1週 授業の進め方 第2~3週 学習と教授の関係 第4週 教科「情報」と情報教育のねらい 第5~6週 普通教科「情報」と専門教科「情報」 第7~8週 コンピュータの活用と教科のねらい 第... [続きを読む]

受信: 2005年12月10日 (土) 11:11

« 情報機器の適切な選択 in 年賀状印刷 | トップページ | ワークショップ計画中 »