« 「情報A」では総授業時数の2分の1以上を | トップページ | 【提言】「高校教科「情報」未履修問題とわが国の将来に対する影響および対策」 »

2006年11月14日 (火)

「情報」の参考書?資料集?

日経BPソフトプレスから、高校の教科「情報」でも、 それ以外の場所でも使える本が出ます。 私は監修と、数項目の執筆をしました。

簡単には、 「情報の参考書」のような本だと思ってください。 高校の世界史とか日本史とか地理についてくる資料集の「情報」版というのが近いかも知れません。

書名は「これだけでわかる情報リテラシー」(仮題)です。 年末には書店に並ぶと思います。 大学や、専門学校、あるいは、ひょっとすると中学の授業でも使えると思います。

なお、高校向けは書店向けとは違う書名で、 既に日経BPソフトプレスから各高校にDMが送られているそうですので、 そちらを御利用下さい。

|

« 「情報A」では総授業時数の2分の1以上を | トップページ | 【提言】「高校教科「情報」未履修問題とわが国の将来に対する影響および対策」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/12687670

この記事へのトラックバック一覧です: 「情報」の参考書?資料集?:

» 副教材の案内 [情報科メモ帳]
日経BPソフトプレスから「情報 最新トピック集」という副教材が発売されるらしい。本日学校に案内パンフレットが到着した。教科書では詳しく取り扱われていない用語を見開き2ページで解説している。パソコン用語辞典が辞書だとすると、こちらはもう少し詳しい資料集という所だろうか?。 そうそう、この本の監修は佐藤義弘先生がされている。パンフレットには佐藤先生からの紹介コメントが載っている。新しい技術やサービス、情報化社会の変化にあった事が取り上げられていると紹介されています。社会科の年表や地図帳はそんなに大きな... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 10:03

» 面白い副教材、できました [情報科blog]
 手前味噌ですが。 [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 00:35

« 「情報A」では総授業時数の2分の1以上を | トップページ | 【提言】「高校教科「情報」未履修問題とわが国の将来に対する影響および対策」 »