« プログラミング・情報教育研究会 | トップページ | 「ネット社会のこれから」で話題になったことなど »

2006年12月11日 (月)

「ネット社会のこれから」を見て

先週土曜日の19:30から放送された「ネット社会のこれから」ですが、僕は、その時間は出張をしていたので、その場で番組を見ることができませんでした。

ということで、いま、研究の一貫として番組録画をしたものを見ています。感想は全部を見終わったあとに、ここに書き込む予定です。


PS: eMacブラウン管でみると、結構きれいです。

ブラウン管やプラズマディスプレイは画素輝度が発光と暗いときの差が大きいので、人間が意識で補完する。結果として、きれいに見えるんだそうです。

一方、液晶は画素輝度が一定なので、人間が脳の中で補完しない。結果として、ピンボケっぽくなるとのこと。

|

« プログラミング・情報教育研究会 | トップページ | 「ネット社会のこれから」で話題になったことなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/13025791

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネット社会のこれから」を見て:

« プログラミング・情報教育研究会 | トップページ | 「ネット社会のこれから」で話題になったことなど »