« 誰か教えて…(VMwarePlayer+FreeBSD-6.2+X.org-7.2) | トップページ | SSS2007参加申込締切(宿泊する場合) »

2007年8月12日 (日)

とりあえず自己解決(VMwarePlayer-2.0, FreeBSD-6.2, X.org)

3週間前まで、VMware Player 1.0.3, FreeBSD-6.2STABLE, xorg-6.9 という環境で使っていたのですが、VMware Player のバージョンが 2.0 になったとの、FreeBSDの xorgが 7.2 になったのを見て、ふと、これをバージョンアップしました。これがハマリ道へまっしぐらでした。

まず、vmmouse が version 番号云々といわれて動かず、そのためマウスがちゃんと動作しない。vmmouseでなく mouse にすると、マウスポインタが飛びまくる。/usr/ports には、vmware 用の mouse ドライバは xorg-6.x 用のものしかない。

原因が xorg-7.2 なのか vmware-2.0 なのかもよくわからず、いろいろ外してみたのですが、そのうちにウッカリ emacs-20-dl を消してしまう。よくみると、emacs-20 なんてもう使うべきじゃないので、emcws に変えることにしたら、こんどは FreeWnn と相性が悪い。

とかなんとかやっているうちに、emcws の起動コマンドは emcws であるということを検索してみつけた。emcwsをインストールしても、emacs というコマンドでは古い emacs しか動いてないのでした。盲点。で、emcwsで FreeWnn を使い始めたのですが、変換中の "ESC s"(候補一覧)が、何故か文字化け。これはいまだに直らず。ここいらで emcws+FreeWnnの調整をあきらめて、本題の xorg の修正をやろうとするものの、手の打ちようがない。

あきらめて、xorg を 6.9 に戻そうとしたのですが、何故か完全には戻らない! 正確には、pkg_deinstall などで順にX11関係を全部削除しても、次に ports から何かを入れようとすると、「俺は xorg-7.2 だ。/usr/X11R6 は symlink でなきゃ駄目だゴルァ」と怒られる。どうやったら戻せるのだろうかといろいろ探したのですが、結局わからず。ここで諦めて、とりあえず動作しそうなものを入れて我慢。


3週間経過


バージョンがおかしいソフトが混ざっているせいで、キーボード入力の関知がとても変。具体的には、「gutaiteki」と打とうとすると、「gutaiteeeeeeeeeeeeeeeeeki」となってしまい、変換すると「具体手ええええええええええ液」などと変換されてしまうことが、1時間に20回程度発生。使えない。仕事にならない。ということで今日、再インストールも辞さずの覚悟で作業開始。

まず「そうだ、strace…」と strace をインスールして、「俺は xorg-7.2 だ」とどこで発見しているのだろうかと調べようとしたら、straceはLinuxべったりなコードになっていて、FreeBSD-6.2では動かない。(動かないのに ports にあるとは、これいかに。)

またまたいろいろ探してみたら ktrace というのがあって、これの結果を kdump で見ればいいということがわかり、さっそく調査。そうしたら X_WINDOW_SYSTEM という変数の値を見ているということがわかった。で、 X_WINDOW_SYSTEM でググると、 /etc/make.conf に書けとの指示。「X_WINDOW_SYSTEM=xfree86-4」と書いてみたら、やっと xorg-6.9 関係が入り始めた。

X11関係のほぼすべてを xorg-6.9 ものに直して、それから vmware-guestd のインストール。 諸blogには、「vmware-toolbox, vmware-guestd は、VMware Workstation の評価版をダウンロードして、そこから引っ込抜け」とかいてありますが、それは VMware Player-1.0.3 までの時代の話。 VMware Player-2.0 では、VMware をインストールした(XP上の)ディレクトリに、freebsd.iso がある。VMware をbootする前に、 vmx ファイルに「 ide0:1.fileName = freebsd.iso 」と書いて boot する。ところで、VMware Player-2.0 は、VMware Workstation 6 にバンドルされるそうなので、tools のバージョンも 6 を選ぼう。ということで、/usr/ports/emulators/vmware-tools6 に cd して、make install する。guestd を起動させるために reboot せよ。

これでだいぶ安定してきました。でも、まだときどき、キーボード入力がおかしくて、「おかしくてええええええ。」ってなるんですよ。ちゃんと直すには、xorg-7.2 対応の vmmouse が必要だなぁ。これがでたら、今度こそ xorg-7.2 に上げよう。(そしたら Firefox も 2.0になるし。)


てなことで、今日はほぼ一日、メールに返事を書けませんでした。(泣)

|

« 誰か教えて…(VMwarePlayer+FreeBSD-6.2+X.org-7.2) | トップページ | SSS2007参加申込締切(宿泊する場合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/16091497

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず自己解決(VMwarePlayer-2.0, FreeBSD-6.2, X.org):

« 誰か教えて…(VMwarePlayer+FreeBSD-6.2+X.org-7.2) | トップページ | SSS2007参加申込締切(宿泊する場合) »