2009年12月24日 (木)

VirtualBox で FreeBSD on Mac OS X(Intel)

このブログでは、Windows XP で動作する VMwarePlayer 上に FreeBSD を構築する話題を何度も取り上げています。VMware はとてもいい製品ですが、仮想マシン・仮想OSは VMware だけではありません。ほかのものも試してみようということで、今回は Sun が無料配布をしている VirtualBox を使用してみることにしました。とはいいつつも、単に使うだけでは面白くないので、VMware Player が動作しない Mac OS X の上に構築(Mac OS X といっても、残念ながら PPC では動作しないので、ご注意。)ということで取り組んできました。(なお、 VMware 社でも Mac OS X 上で動作する仮想マシンとして、 VMwareFusion を販売しています。)

以下、その操作の備忘録的メモです。

  1. FreeBSD-8.0R の bootonly とかかれた iso ファイルをダウンロード。
  2. VirtualBox で検索して、 Mac OS X 用の仮想マシンマネージャをダウンロード、インストール。
  3. インストール先となる仮想ディスクを作成。可変でも固定でもOK。
  4. マネージャの「設定」のところで、仮想ドライブデバイスの「IDE」を削除し、「SATA」を取り付ける。そのSATAデバイスに、さきほど作成した仮想ディスクを設定する。(これをやらないと panic reboot します。)
  5. CD/DVDドライブに、FreeBSD-8.0Rの iso ファイルを割り当てる。
  6. 起動を押してインストール。
  7. インストールが終ったら、rebootだが、reboot途中で左上の赤いボタンを押して仮想マシンの電源を切る。
  8. 再び設定を開いて、先ほどのCD/DVDドライブへの割当を解除する。
  9. 再び起動。

これでOK!でした。なんと簡単。で、順調に portsnap, svn などが動いていて、 GENERIC kernel も動いています。感動だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

「おたくの半数が関東に」って、それどうよ?

最近、blogの記事を書く時間をなかなかとれないのですが、簡単に書けるネタがあったので、サクッと紹介。

という記事があるのですが、これ、どういうことなんでしょうかね。都道府県毎の人口などで割るとか、工夫をして欲しかったですね。(もっと書くなら、有意水準5%で東京と神奈川はおなじだという仮定を棄却することができるのかとか、いろいろ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

どのように説明すべきなのか悩みます

情報倫理ビデオPartIIで、「俊介がおじいちゃんに頼まれて、『高友会』のサイトを作ってあげるが、画面の点滅が激し過ぎて、文字を読みにくい…」というwebアクセシビリティに関するテーマのビデオを作りました。そこで動画に入れた『高友会』のサイトは、当然フィクションで、小道具製作スタッフの方が「まさか、ここまではしないでしょう…」と作ってくださったものです。ですが、それよりすごいサイトが現実に存在するようです。

このサイトを作られた方に、webアクセシビリティについてどのように説明すべきなのか悩みます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

高校教科「情報」シンポジウム2009 ジョーシン09 参加受付中!

僕が委員を担当している情報処理学会・初等中等情報教育委員会では、昨年末に発表された高等学校学習指導要領(案)を受け、2009年3月14日に早稲田大学大久保キャンパスにて「高校教科『情報』シンポジウム(ジョーシン)2009春」を行ないました。このときには指導要領が発表された直後ということもあり、基調講演をされた文部科学省 永井 克昇 視学官から直接メッセージを伺うことができました。

今回のジョーシン09秋では、すでに仮配布されている指導要領解説なども受けつつ、次の高等学校学習指導要領における授業展開などについて、議論を進めていきたいと考え、文部科学省の中沢 淳一教科調査官からの基調講演を始めとし、現場の先生方、高校情報科を研究している大学教員による講演、パネルディスカッションを行ないます。

既に参加申込受付(資料集の印刷部数を決めるために、事前お申し込みをお願いします。)が始まっております。皆様是非ともお誘い合わせの上御参加ください。

高校教科「情報」シンポジウム2009 ジョーシン09
日時
2009年10月31日(土)10:00〜16:30
場所
早稲田大学西早稲田キャンパス(旧名称 大久保キャンパス、理工学部)
55N号館1階会議室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox-3.5.2 on FreeBSD がクラッシュ→semで解決

さきほど FreeBSD-7.1 の ports をつかって、firefox-3.5.1 を firefox-3.5.2 にバージョンアップしたのですが、インストール直後に最初の起動中にクラッシュしてしまいました。

正確には、起動中に「インストール完了したよ」ということを示すために現れるページ

の表示途中でブラウザ突然画面から消える。で、コマンドラインには、
Bad system call
と表示されてしまいました。

この落ち方がいまいち不自然だったので、再度起動し、当該ページを表示する前に「Stop」でページ読み込みを止め、他のサイトを10程度表示させてみたところ、全く問題なく表示完了となりました。ということは、当該ページだけが表示できないで落ちるということがわかりました。

うむむ、これはどういうことだろうか?と思って調べてみたら、/usr/ports/www/firefox35/pkg-message に、こんな記述が見つかりました。

Firefox 3.5 and HTML5

Certain functions used to display HTML5 elements need the sem module.

If your Firefox crashes with the following message while viewing a
HTML5 page:
"Bad system call (core dumped)"

you need to load the sem module (kldload sem).

To load sem on every boot put the following into your
/boot/loader.conf:
sem_load="YES"

おおそうか。ということで、早速対応。まず rebootは面倒なので、sudo kldload sem で、semをロードし、さらに、reboot後も有効になるように、/boot/loader.conf に sem_load="YES" を追加。そして、firefox を起動して、件のページを表示すると、なんと今度は無事に表示できました。

めでたしめでたし。ちなみに、3.5.1までは

を表示していましたが、ここにはビデオコンテンツがないので、Firefox-3.5.x にバージョンアップしても sem の必要性に気がつかなかったということが原因のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

日韓(韓日)情報倫理教育セミナー2009

2006年9月、2007年10月の2回に渡って韓国で「日韓情報倫理教育セミナー」を開催しました。昨年は諸事情があり開催できませんでしたが、今年は北海道大学を会場として開催することになりました。開催日まであまり余裕がありませんが、もし、御聴講されたいという方がおられましたら、辰己宛にお知らせください。よろしくお願いします。プログラム等詳細は公式URLをどうぞ。

日程
2009年09月12日(土)10:00〜17:30
場所
北海道大学情報基盤センター
主催
日韓(韓日)情報倫理教育セミナー実行委員会
公式URL
http://www.tt.tuat.ac.jp/JKrinri09/ethicssemi0909ja.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

「二進数」ではなく「二進法」

まず、「〜〜数」というときは、それは「数」か「数の集合」か「数の集合を定義づける性質」を表すのであって、「数の表記」を表すものではない。例えば、ネピアの数や、オイラー定数などは、性質ではなく数そのものを指す言葉である。また、 1/3 を十進法で書くと 0.33333... となるが、三進法で書けば 0.1 で終る。つまり、何進法を用いているかで表現は異なる。このように「有理数」を「整数同士の比の値になり得る数」と定義しておけば、何進法で書いているかによらず、数の性質としてその数を定義付けることができる、といえる。他にも、フィボナッチ数といえばフィボナッチ数列の中に登場する数のことであり、「数」としての性質である。メルセンヌ数も同じことがいえる。

だが、「情報」の教科書にはしばしば「二進数」や「2進数」「十進数」「10進数」という言葉が登場する。特に「10進数の53を、2進数に変換せよ」というのは、上に述べたことからすると全く意味不明だ。おそらく、「10進法で53と書かれる数を2進法で書け」という設問のつもりだろうけれど、こんな言葉使いでは、数値と数表記の独立性を混乱させてしまい、ちゃんと教えておけばわかる生徒でも、わからなくなってしまう。(もちろん、僕が関わった教科書には「2進数」「10進数」という言葉は(例外を除いて)でてこない。)

さて、文部科学省のサイトにある「新しい学習指導要領」を開いて、「進数」で検索すると0件、「進法」で検索すると1件見つかる。でも、「進法」は数学の指導要領のところにあるだけだ。このことから、学習指導要領の「情報」の部分を書いた人達は、上記のことがわかっているんだろうな…と思っていたのだが、よく見るとそれは僕の早合点でした。既に説明会で配布されている「情報」の学習指導要領解説の暫定版を見ると「進数」が1箇所生き残っていた。で、もう少し調べてみたらこうなりました。


進法進数
数学 指導要領 10
数学 指導要領解説90
情報 指導要領 00
情報 指導要領解説(暫定版)01

ちなみに「情報 指導要領解説(暫定版)」の1箇所は、「社会と情報」の情報のディジタル化にある「2進数による表現」。(実は、現行学習指導要領解説を見ても、「情報C」に「2進数」が2箇所、「10進数」が1箇所ある。)でも、今までの流れを見ると明らかに「2進法」と書くべきところを「2進数」と書いているようだし、それに、数学と情報は連携も必要なので、(暫定版)がとれるときには、ここが「2進法表記」になっていることを祈るのであります。

ついでに、 wikipedia へのリンクも張っておきます。

「指導要領解説」にはパブコメ制度がないので、ここ(ブログ)に書いてみました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年7月22日 (水)

EuroLogoは終了→改名して "Constructionism"

2007年に参加した EuroLogo という「ロゴ」の国際研究会ですが、次回は名前を「構成主義」に変えて実施されるそうです。こんなメールがきていました。

Dear EuroLogo 2007 friends,

Please check out the updated website for Constructionism 2010!

http://www.aup.fr/news/special_events/constructionism2010.htm

(後略)

とりあえず日本語に翻訳しておくと、以下の通りです。

名称
構成主義2010
日程
2010年8月16日(月曜)〜20日(金曜)
場所
アメリカ大学(フランス・パリ市内)
The American University of Paris
投稿締切
2010年2月28日

何かを話そうという人は、いまから準備しないといけないんでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

追加:統計教育と情報教育

昨日の発表資料に、その後の質疑応答を反映させて、さらに配布用にいろいろ加工(文字を小さめにデザインしなおしたり、その他いじったりした)スライドを作成しました。しばらく、ここ↓公開?しておきます。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009年7月18日 (土)

統計教育と情報教育

「日本統計学会の教育問題連絡会で特別講演をしてきました」と書くと格好よさそうですが、情報教育や、統計教育と情報教育の連携についての小さな会議に参加してきました。参加者は、情報処理学会側の3名を合わせて合計20名ほどでしたが、参加されていた先生方は、統計教育の専門家の先生方なので、その意味では「特別講演」にふさわしいものだったような気がします。

コトの発端は、約2年前、情報処理学会に、理数系学会教育問題連絡会というところから「参加しませんか?」という声かけを頂いたことです。理数系学会教育問題連絡会というのは、日本数学会とか、日本物理学会とか、日本化学会とか、その他多数の学会の中で、教育に関心がある人達が学会の違いを越えて集まっている「学会連合」のような場所です。情報処理学会に声がかかったのは、いわゆる科学オリンピックの一つに「情報オリンピック」があり、それを情報処理学会が後援していることが理由だろうと推測しています。で、この連絡会に日本統計学会の統計教育問題の委員会の先生も参加しておられ、久野先生や僕と顔見知りになり、統計教育と情報教育の連携について、意見を述べる機会を与えて頂いた…ということなのでした。

会場は、統計数理研究所。地下鉄広尾駅下車、有栖川公園の道路向にありました。なんだかなんだかオシャレな街をギコチナク歩き到着しました。

まず、久野先生(情報処理学会・初等中等情報教育委員長)からは、日本の情報教育、特に高校の情報科がどのようにできてきたかという話と、現在抱えている問題、そして、新学習指導要領に関する話題の説明がありました。

辰己(情報処理学会・初等中等情報教育委員)からは、高校の現場にはひどい先生がいっぱいいること、そのせいで3Dグラフとか大好きな生徒が増産されていること、それを正常に戻すには、統計と情報の教員の連携が重要だということ、分散や標準偏差を計算するときに、表計算ソフトの関数機能を使うことを教えてしまうと(いろいろな意味で)危険である…などを説明しました。

また、奥村先生(情報処理学会・初等中等情報教育委員)は、講演時間を設けられてはおりませんでしたが、適宜、最も的確なコメントを出して下さいました。

プ会と同じように途中でいろいろ質問OKにしたので、もちろん議論が沸騰して、とても勉強になりました。ありがとうございました。特に高校の数学科教員でも、大学生時代に「統計」をあまり学んでいないため、中学校と高校の数学で「統計分野」が必履修になっても、それを十分に教えられない先生が多いことを伺って、「やはり、どこも同じか!」と思いました。

それから、今回の発表資料を作りながら気になり始めたのですが、2010年の中学校3年生から、中学校新課程の数学「資料の整理」を先行実施で学習するようになります。高等学校の数学も、これに対応して先行実施されるのですが、高等学校情報科には先行実施の処置がありません。中学校数学科の統計分野の内容を見ていると、これを学んだ生徒が高校に進学する2011年春までには、高等学校情報科の先生は、正しく統計を理解して、教える方法も研究しておくべきと思いました。

ところで、グラフリテラシー、つまり、「グラフを適切に読み解き、グラフを適切に発信する」という能力って、数学科のみで学ぶのでもなければ、情報科のみで学ぶのでもないですよね?この辺は、連携をするべき箇所だと思います。いかがでしょうか?


【2009/07/19 10:52追記】この日に配布した資料について記事を書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧