2010年8月24日 (火)

A-D Conversion Kinesthetic Learning Activity

Computer Science Unplugged といえば、Tim Bell 先生が中心となって進めてきた、「計算機科学を、計算機を使わずに学習する活動プロジェクト」のことであり、また、そのような思想の総称でもあります。日本国内では、兼宗先生(大阪電気通信大学)が中心となったグループが、和訳本の出版や、さまざまな普及活動を行なっていて、僕も、ときどき微力ながら普及活動のお手伝いに加えて頂いています。

さて、今年は、CS Unplugged の『活動』の幾つかを、自分の授業に採り入れて見ようとしたのですが、検討しているうちに、この思想に合う自分オリジナルの教材を思いついてしまいました。そこで、早速、大学の某授業(複数)で使ってみたところ、わるくない感触。これならイケルと思った僕は、授業の実施方法などを写真を多用して説明し、さらにそれの英訳を作り、恐れ多くも先の副将軍…じゃなかった、 Tim 先生にお知らせしました。

そうしたところ、翌日には Tim 先生からお返事があり、それから、何通かのメールが取り交わされ、僕のヘタッピな英語は native によって完璧に訂正され、"A-D Conversion Kinesthetic Learning Activity" という、大変ありがたい題名をつけて頂き、8月23日午後に、CS Unplugged の公式サイトに、「拡張教材」の一つとして掲載されました。

これ↑の下の方にあります。 Tatsumi という文字列を検索すると一発で見つかります。が、英語だと読みにくいと思いますので、英訳のオリジナルである、日本語バージョンを御覧ください。

この「A-D Conversion Kinesthetic Learning Activity」という活動の学習目標は、大きく2つあります。1つは、「アナログとデジタルの相互変換の特徴を知ること」であり、もう一つは「2進表記」です。サンプルでは、7ビットで符号化していますが、これを例えば5ビットで中断すると、量子化誤差についても学ぶことができます。他にも、いろいろなことを理解できるようになる教材ですので、ぜひ使ってみてください。もちろん、無料です。事前にお知らせ頂ければ、個別にノウハウを共有できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年、いままでの研究会と、これからの予定(暫定)

最近、ブログの記事を書いてない最大の理由は、やはり、twitterなんだろうと自己分析しています。でも、140文字で語り切れないこともあるんで、すこしずつ、ブログにも戻ってみようと思っています。

とりあえず、最近の行事と、今後の行事について、日程未確定のものも含めて、報告とお知らせ。


  • 2010/07/04(日):「リアル塾議」に参加した。デジタル教科書について議論をしまくった。この会場で、初めてであった河村さん(cognitiom inc.)から、いろいろ教えて頂いた。
  • 2010/07/05(月):理数系学会教育問題連絡会に参加した。数学や理科の学会の教育関係の人が集まる会合だ。科学オリンピックや、新課程(特に中学校、小学校の理科と数学)の話題、それから統計や情報の話題、そしてデジタル教科書の話題など。
  • 2010/07/10(土):CE研@大阪電通大:オブザーバで運営委員会に参加してSSS2010のプログラム査読状況などについて説明した。長瀧先生(岡山大学)の「テレビゲームを通して情報科学を概観する教養教育科目の授業実践」は、よい取り組みだと思う。これをさらに工夫して、多くの人が気軽に取り組めるパッケージにすると、かなり普及するんじゃないかなぁとか思った。嘉田先生(大阪府立大学)の「情報科学の本質的理解を促す教育手法としてのコンピュータサイエンスアンプラグド」は、数学関係者なら、実は指摘されなくても勘づいているような話。だが、情報教育の関係者の中には、このことを新鮮に捉えた人もすくなくなかっただろう。
  • 2010/07/15(木):東京海洋大で、国立大学法人情報系センター協議会の総会に参加した。EDUCAUSE JAPANとかどうなるんだろう…。
  • 2010/07/23(金):信学会の倫理綱領WGに参加。まぁ、いろいろあるよね…(以下、自粛)
  • 2010/07/30(金):翌日の行事にボランティアで参加するので、打ち合せ。
  • 2010/07/31(土):情報オリンピック日本委員会と富士通が開催するイベントで、ボランティアをする。小学生がソーティングアルゴリズムを発見するのを手伝う。当日の様子も、すでに公開されている。
  • 2010/08/02(月):情報処理学会 情報処理教育委員会に出席した。この委員会の主な話題は、情報処理教育、特に専門家育成の話だ。あとは、来年の全国大会での企画の話とか、ここでもやはりデジタル教科書の話題なども出てきた。
  • 2010/08/06(金):1年で1度しかやらないCIEC理事会に参加した。来年の理事に立候補しなかったので、これでおしまい。ちなみに「CIEC理事」って肩書は「すごい偉い人」に見えるので、「実は、理事の人数がものすごく多い」ということは書き忘れてはいけないかな。
  • 2010/08/07(土)〜2010/08/09(月):2010PCC@東北大学に参加。初日の招待講演は、えっと(自粛)。PCカンファレンスに参加している先生方の顔って、いつもイキイキとしている。毎年参加して、元気をもらっているような気がする。
  • 2010/08/11(水):休暇をとったので一日家にいてもよかったのだが、午後に某所で会合をしてから、夕方はプ会26に参加というか主催みたいなものか。教育現場へのICT導入の話と、デジタル教科書の話。非常に非常に濃い話が展開された。WeekEnd 情報科ブログや、総合学科「情報」日誌などにもレポートがある。
  • 2010/08/16(月):墓参り。今年も暑かった。
  • 2010/08/17(火):翌日からのSSS2010の準備のため、1日早く、渋川伊香保へ。
  • 2010/08/18(水)〜2010/08/20(金): 情報処理学会情報教育シンポジウム SSS2010 に参加。今年はプログラム委員長を仰せつかったので、全体の進行とか、表彰とかをやった。あとは、SSS2006で実行委員長をしたときのノウハウも発揮(?)して、いろいろ手伝った。SSSの前に決めることにしていた『SSS2010優秀論文賞』は、「e-Learning型講義における成績と学習データから考えられるドロップアウト兆候者早期発見手法の提案と検証」 高岡 詠子(上智大学)、大澤 佑至、吉田 淳一(千歳科学技術大学) であったが、実際に発表を聞いても、すばらしいものだった。

以下は、今後の予定。

  • 2010/08/25(水):ILAカンファレンス2010@広島国際大学で、シンポジウムパネリストとして登壇。
  • 2010/09/02(木):某公立中学校主催の教員・PTA対象の講演会で、「学校非公式サイト」について講演。
  • 2010/09/09(木)〜2010/09/10(金):和歌山大学で、「平成22年度第5回情報系センター研究交流連絡会議」と「平成22年度第14回学術情報処理研究集会」に参加。
  • 2010/09/11(土):「数学教育の会」@お茶の水女子大学。途中を、所用で抜け、懇親会には合流の予定。
  • 2010/09/18(土)〜2010/09/20(月):日本特殊教育学会@長崎大学。
  • 2010/10/02(土):CE研究会@秋田大学。
  • 2010/10/15(金):電子情報通信学会の SITE(技術と社会・倫理)研究会(日大 駿河台)。
  • 2010/10/16(土):情報処理学会 ジョーシン10秋、金城学院大学(名古屋)。
  • 2010/10/18(月)〜2010/10/24(日): 3rd IASSID-Europe Conference, Rome, Italy に参加予定のため出国。
  • 2010/11/20(土)〜2010/11/21(日):CE研究会@香川大学。
  • 2010/11/22(月)〜2010/11/24(水):日韓情報倫理交流セミナー(ソウル特別市 城北区 高麗大学校)に参加予定のため出国。
  • 2010/11/26(金):僕の所属組織 東京農工大学総合情報メディアセンター 主催の行事の開催予定日。詳細は後日発表。
  • 2010/12/10(金)〜2010/12/11(土):情報教育研究集会@京都大学。
  • 2010/12/26(日):CIEC研究会@札幌市内。企画と当日の進行を担当予定。テーマはデジタル教科書にする予定。なお、日程は「仮」です。
  • 2011/02/05(土)〜2011/02/13(日):CE研究会@東京農工大学。
  • 2011/03/19(土)〜2011/03/20(日):CE研究会@神戸大学。
  • あと、3月下旬に、CIEC研究大会があるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

「知ってました?」 そういえば最近日記を書いてないなぁって。

いや、もちろん、忙しいからなんですが。で、「知ってました?」ついでにこんなビデオを紹介します。

ご覧になったことがない方は、ぜひ一度ご覧ください。数値に多少「?」が付くところもありますが、概ね正しいデータだと思います。

大学や高校の先生方はぜひ一度授業で使ってみるとよいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

プログラミング・情報教育研究会(その26)

日時
2010/08/11(水)18:00〜20:00
テーマ
「日本の教育の情報化の行方を見つめて(仮題)」
場所
千代田区内
18:00-19:00
題未定
河村 奨(Cognitom Academic Design)
19:00-20:00
題未定
新井 紀子(国立情報学研究所)

詳しくは、プ会WEBを御覧ください。


最近、プ会のお知らせ以外の記事を書いてないような気がする…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

Google Apps Education, Yahoo! Academic, Microsft Live@Edu(2010.05.24)

先月、Webメールの大学への採用状況について調べ、ついでにblogに貼り付けました。その後、上智大学はセカンドメール扱い、京都文教大学が導入済(調査漏れ)、東京経済大学が新規導入という動きがあったので、改めて記事にしました。この手の情報を昔から集めて下さっている 「あけぼの」さん、 「これでも大学職員」さん、 ありがとうございます。

Gmail ``Google Apps Education Edition''(2010.05.24現在)

国立(5)
岡山、 群馬、 東京藝術、 一橋、 三重
公立(2)
京都府立医科、 山梨県立
私立(40)
亜細亜、 江戸川、 大阪電気通信、 沖縄、 嘉悦、 関東学園、 京都産業、 京都文教、 金城学院、 国際教養、 静岡産業、 芝浦工業、 湘南工科、 実践女子、 専修、 千里金蘭、 多摩、 大東文化、 津田塾、 東京家政学院、 東京経営短期、 東京経済、 東京女子、 徳島文理、 東洋、 豊橋創造、 長崎ウエスレヤン、 名古屋商科、 西日本工業、 日本、 日本医科、 羽衣国際、 東大阪、 佛教、 前橋国際、 武蔵野、 名城、 立教、 LEC、 和洋女子
特別な私立(1)
放送

Yahoo! ``Academic Edition''(2009.09現在)

国立(1)
東京学芸(ただし、2010年4月から(プレスリリースに未掲載。))
(東京大学の事務職員は2009年11月からと告知済。)
公立(2)
青森県立保健、 福井県立
私立・全学導入(27)
愛知文教女子短期、 青森、 上田女子短期、 桜花学園、 大阪学院、 大阪産業、 神奈川工科、 畿央、 九州国際、 京都嵯峨芸術、 岐阜経済、 山陽学園、 松蔭、 尚絅学院、 情報科学芸術大学院、 成蹊、 成城、 聖マリア学院、 中部学院、 帝京、 帝塚山学院、 名古屋短期、 日本薬科、 白鴎、 目白、 ヤマザキ学園、 横浜商科
私立・セカンドメール扱い(2)
早稲田、 上智

Microsoft Live@Edu

国立(1)
鹿児島
公立(0)
私立(10)
青山学院、 いわき明星、 杏林、 甲子園、 作新学院、 札幌学院、 日本体育、 函館、 福岡、 明治学院

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

Google Apps Education, Yahoo! Academic, Microsft Live@Edu

2010.05.24追記:以下の記事内容を更新したものを、新たに書きましたので、新しい方を御覧ください。

2010.04.28追記:上智大学でのYahoo!Academicの扱いは、「学生なら誰でも取得可能な生涯メールアドレス」であって、情報系センターが学生に配布しているもの(Active! Mail)とは異なる」ということだそうですので、外しました。


Webメールの大学への採用状況について調べました。ついでなのでblogに貼り付けます。 「ちがうよ」「うちもいれて」というコメントがありましたら、教えて下さい。大歓迎です。 なお、この手の情報を昔から集めて下さっている 「あけぼの」さん、 「これでも大学職員」さん、 ありがとうございます。

Gmail ``Google Apps Education Edition''(2010.04.23現在)

国立(5)
岡山、群馬、東京藝術、一橋、三重
公立(2)
京都府立医科、山梨県立
私立(38)
亜細亜、江戸川、大阪電気通信、沖縄、嘉悦、 関東学園、前橋国際、京都産業、金城学院、国際教養、 静岡産業、芝浦工業、湘南工科、実践女子、専修、 千里金蘭、多摩、大東文化、津田塾、東京家政学院、 東京経営短期、東京女子、徳島文理、東洋、豊橋創造、 長崎ウエスレヤン、名古屋商科、西日本工業、日本、日本医科、 羽衣国際、東大阪、佛教、武蔵野、 名城、立教、LEC、和洋女子
特別な私立(1)
放送

Yahoo! ``Academic Edition''(2009.09現在)

国立(1)
東京学芸(ただし、2010年4月から(プレスリリースに未掲載。))
(東京大学の事務職員は2009年11月からと告知済。)
公立(2)
青森県立保健、福井県立
私立(28)
愛知文教女子短期、青森、上田女子短期、桜花学園、 大阪学院、大阪産業、神奈川工科、畿央、九州国際、 京都嵯峨芸術、岐阜経済、山陽学園、松蔭、尚絅学院、 上智、情報科学芸術大学院、成蹊、成城、聖マリア学院、 中部学院、帝京、帝塚山学院、名古屋短期、日本薬科、 白鴎、目白、ヤマザキ学園、横浜商科、早稲田

Microsoft Live@Edu

国立(1)
鹿児島
公立(0)
私立(10)
青山学院、いわき明星、杏林、甲子園、作新学院、札幌学院、日本体育、函館、福岡、明治学院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

プログラミング・情報教育研究会(その23)

この記事の内容は 別の場所 に移しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログラミング・情報教育研究会(その22)

日時
2010/05/10(月)18:30〜20:20(開始時刻に注意です!)
場所
新宿区内
18:30-19:20
IT・エレクトロニクス業界団体におけるIT人材育成活動
〜アルゴリズム体験ゲーム「アルゴロジック」などなど〜
大山裕(電子情報技術産業協会、日本電気)
http://home.jeita.or.jp/is/highschool/algo/index.html
19:30-20:20
日本の小学校の情報教育(の未来)
原 克彦(目白大学)

詳しくは、プ会WEBを御覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

テキサス農工大

Google News には、自分で自分が好きなキーワードを入力して、そのキーワードを含む記事をセクションとして表示してくれる「カスタムセクション」という機能があります。(右上の方の「このページを編集」を開いて設定する。)

そこに僕は、「農工大」を登録しています。こうすると「農工大」という言葉を含んで、かつ、日本語のニュースの一覧を見ることができるのですが、ときどき、東京農工大学と全く関係がない記事がリストに入ってきます。その代表が「テキサス農工大」に関連するアメリカンフットボールの試合に関する記事です。「テキサス農工大」とは、Texas A&M University のことで、日本語では通常は「テキサスA&M大学」と訳されるそう(by Wikipedia)ですが、ときどき「テキサス農工大」と訳されます。で、個人的にはテキサス農工大には何にも興味がないので、検索語に -"テキサス農工大" とハイホン付き(否定の意味)で付け加えています。

で、このカスタムセクションですが、いかにもGoogleらしい「設定通りでない動作」がときどき発生します。今朝から発生しているのが「日本語のページ」という制限指定の無視です。これが無視されると、多くの中国・台湾のニュースサイトの記事が引っかかってきてしまいます。しかたがないので、適当な語句を否定として付け加えて対応しましたが、なんかめんどうですね。

("農工大" OR "東京農工") -"テキサス農工大" -"農工產品" -"農工商界" -"照顧農工" -"苗栗農工"

みなさんも、Google Newsのカスタムセクションをぜひ、利用してみてください。僕は他に「シトロエン OR CITROEN」「(JAL OR 日本航空 OR 日航) -"高校野球"」「早稲田 -"早稲田アカデミー" -"早稲田塾" -"早稲田予備校"」などを登録しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

「情報フルーエンシー」の論文を書きました

放送大学の紀要の一つである、「メディア教育研究」という学術雑誌に、招待論文として、

が掲載されました。

「情報フルーエンシー」って何?という疑問をおもちの方(また新しい言葉作って…とか、カタカナにすればいいんだろーとか、いろいろ御意見はあるでしょうね。)に、ぜひとも一読して頂きたく書きました。また、僕の論文以外にも、大学の一般情報教育に関わる論文が掲載されています。(共著論文で「情報倫理教育」は、僕も著者に入ってます。)他の論文は、これから頑張って勉強します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧