« FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | 突然Macにログインできなくなった »

2011年10月10日 (月)

【続】FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる

(昨日の記事の続き)ということで、インテルカーネルにPAEを入れて、agpgartが動かないのでXが立たないけどあきらめようという状況だったのですが、昨日のブログ記事を書いたところこんなことを教えて頂きました。

Celeron 430 は amd64 カーネルで動くよ

え!とビックリ。調べてみたら確かにそう書いてある。amd64カーネルというから、Intelの石では動かないと思っていた僕の知識が古かったのでした。 ということで、それならいまのうちにとamd64に入れ換える方法をさっそく調査してみました。 ですが、残念なことに既にインストール済のOSのカーネルアーキテクチャを変えるのは簡単ではなさそう(可能だが面倒)。 さらに調べてみると、2GBのUSBメモリとUSBメモリからブートできるマザーボードさえあれば、 最近はインストールDVDを作らなくても済むということもわかりました。 てなわけでさっそく amd64 カーネルでインストールしなおしました。 なんてこと〜。


ついでに、/boot/loder.conf に

geom_eli_load="YES"
を書き足して、さらに、 /home の暗号化もしました。その都合もあるので、 fstabの/home の記述は
/dev/hogehoge /home ufs rw,noauto 0 0
にして、さらに /etc/rc.conf ではいくつかの daemon(メールとかwebとか、あといくつか) の enable を "NO" にし、 さらに、/var/bin というディレクトリを作って、そこに
  1. コンソールからgeliパスワードを求めて geli で /home をマウントする
  2. マウントがうまくいっていたら、止めていた daemon を forcestart 引数を与えて起動する
とうスクリプトを書きました。さらに、HOMEが /home でない一般ユーザ ugougo を作り、wheel グループに入れました。 今後リモートからブートするときは、
  1. ssh で ugougo でログイン。
  2. su する。
  3. 先ほどのスクリプトを動かして daemon を起動
といいうことをすればOKです。

|

« FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | 突然Macにログインできなくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/52958957

この記事へのトラックバック一覧です: 【続】FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる:

« FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | 突然Macにログインできなくなった »