« 【続】FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | お仕事を変わりました »

2011年11月15日 (火)

突然Macにログインできなくなった

今朝、MacBook (Mac OS X 10.6 SnowLeopard )にログインしようとすると、「FileVaultで保護されたホームフォルダを開けませんでした。修復が必要です。」などどと表示され、ログインできなくなっていた。

この忙しいのになんだよ…とほほと思いながら、ちょっとググって、一応、なんとかファイルを救い出せたので、備忘録としてメモを残しておきます。

(A) 普段からの対応
  • まず、ルート(管理者)になれるユーザ(システム環境設定→アカウントで、、「ユーザにこのコンピュータの管理を許可」がチェックされたユーザ)を、かならず複数用意しておくこと。
  • 日頃から、いざというときのための(健康な)空きHDDを持っておくこと。
(B) 救出方法(Unixをわかっている人は適宜改変してもいいと思います。)
  1. まず、ログインできるユーザ名を探す。そのユーザ名でログインする。
  2. ターミナルを開く
  3. su - を入力して、root になる。
  4. dfを入力して、ディスク一覧を表示。
  5. 空きHDDをを接続する。
  6. dfを入力して、ディスク一覧を表示。先ほどとの違いを見れば、つながったドライブがどこにマウントされたかがわかる。もし、どこにもマウントされていないなら、「アプリケーション→ユーティリティ→ディスクユーティリティ」を起動して、外部HDDをフォーマットして、再度df でマウント位置を確認。以降は、マウント位置は /Volumes/hogeHDD と仮定する。
  7. hdiutil attach /Users/tatsumi/tatsumi.sparsebundle と入力(もちろん、tatsumi は、当該ユーザ名に読み替える。)。FileVaultのパスワードを聞かれるのでtatsumiのログインパスワードを入れる。
  8. dfを入力して、/Volumes/tatsumi にマウントされていることを確認する。なお、この領域は読み出し専用(ReadOnly)になっている。
  9. mkdir /Volumes/hogeHDD/tatsumi でバックアップ先にディレクトリを作成。
  10. rsync -avH /Volumes/tatsumi/ /Volumes/hogeHDD/tatsumi/ で、中身を空きHDDに全部コピー(容量によって時間がかかります。)

以上で救出完了です。あとは救出したものをどうするかは人それぞれなので書きませんが、例えば

  1. 一旦、tatsumi というユーザ名を削除して再作成。
  2. rsync -avH /Volumes/hogeHDD/tatsumi/ /Users/tatsumi/でバックアップから戻す。
  3. chown -R tatsumi /Users/tatsumi/でファイルオーナーを変える。

などだろうと思います。(違っているようなら、どなたでもコメント入れてください。)

|

« 【続】FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | お仕事を変わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140645/53249173

この記事へのトラックバック一覧です: 突然Macにログインできなくなった:

« 【続】FreeBSD-8.2 / Intel Celeron でPAEを利用して巨大メモリを認識させる | トップページ | お仕事を変わりました »